発毛促進はクリニック任せにしない

薄毛治療で処方される薬は、何処の病院でも大差はありません。薄毛治療を大別すると、髪が抜けることを防ぐ、発毛を促すがあります。



髪が抜けることを防ぐ薬は、皮膚科に関わらず、内科など他科の医師にも周知されているメジャーな薬があります。



この薬は、海外で安く製造されているジェネリック薬品としても広く出回っており、個人輸入(自己責任)して服用している方もいます。発毛を促す薬は各製剤メーカーから出ていますが、体質等で効果に開きがあり、また副作用の心配があるため、専門医で処方される薬を服用する必要があります。ドラッグストア等で購入できる市販の発毛促進剤もありますが、市販されているものは万人向けに製造されリスクが少ない代わりに効果も弱いです。

発毛促進剤は一般の皮膚科でも処方されますが、薄毛の専門医でなくては適切な薬が処方されない恐れがあります。
AGA治療を専門に扱っているクリニックであれば、高度な検査を受けることが出来、副作用を抑えつつ発毛効果の高い治療を受けられます。

AGA治療を行っているクリニックでは、実績が一番の宣伝文句になるため、どのような治療が受かられ、費用はどれくらい掛かり、今までの実績等はクリニックのホームページで知ることが出来ます。


薄毛の改善はクリニックだけで行うだけではなく、私生活を改めることも薄毛対策には欠かせません。


発毛促進には食生活や運動も影響を及ぼし、発毛効果が期待できる食べ物には血行を促進するみかんや唐辛子などがあります。



脳への血流が悪くなるとストレスが溜まるため、適度の運動をして前身の血流が良くなると発毛促進に期待ができます。