3つの発毛促進のポイントを知ろう

一つ目のポイントは、使用しているシャンプーに含まれる成分の中にノコギリヤシや南瓜の種子エキスなどの5αリダクターゼ生成を抑制する成分が含まれているかの確認です。

薄毛になる原因の中には、5αリダクターゼとジヒドロテストステロンが多く生成されている事で発毛を阻害しているという事もあります。
この2つの関係は、特に重要になります。



5αリダクターゼが男性ホルモンと結合して生成されるのがジヒドロテストステロンになり、このホルモンが毛根の発育を阻害してしまう為です。



そのため、この5αリダクターゼの生成を少しでも作られないようにする為には、発毛促進剤よりも先にシャンプーから見直す事が大切です。

二つ目のポイントは、発毛促進剤に含まれる成分の見直しです。ミノキシジルは特に発毛促進剤に使用されている成分になりますが、この他にも天然由来の成分で発毛促進に効果的な成分があります。


M−034と言われる成分は、昆布に含まれている成分で発毛には欠かせないものです。
発毛促進剤以外でも日々の食生活に昆布などの海藻を取り入れる事も大切ですが、食事中に摂取できる成分量は微量なため、サプリメントや育毛剤など自分に合った方法で取り入れるようにしましょう。


三つ目のポイントは、頭皮の状態を改善するために皮脂をしっかり取り除く事です。



シャンプー前に頭皮のマッサージをする事も重要ですが、シャンプー前の10分間から20分程度の頭皮蒸らしが大切です。
シャンプー前に頭皮を十分に蒸らしておく事で、毛穴から皮脂がしっかりと浮きます。皮脂や汚れが浮く事でシャンプーによる洗浄によって洗い流す事ができ、育毛剤の浸透も高くなります。